自民の石原伸晃氏が落選確実、比例復活もできず 弟の宏高氏と明暗

2021年11月1日 02時43分
石原伸晃氏

石原伸晃氏

 自民党前職の石原伸晃元幹事長が東京8区で、立憲民主党の新人吉田晴美氏に敗北することが確実となった。野党共闘の象徴となった吉田氏に、屈する形となった。石原氏は比例東京ブロックでも復活できず、落選が確実になった。
 一方、伸晃氏の弟の石原宏高氏は東京3区で敗れた後、比例東京ブロックで復活当選し、兄弟で明暗が分かれた。
 東京8区では、れいわ新選組の山本太郎代表が公示日直前に立候補を表明したが、吉田氏の支援者らが抗議したことを受け、山本氏は出馬を見送り、吉田氏に一本化されていた。
 伸晃氏は選挙戦で「絆でこれからの日本をよくしていこう。他の政党にはありません。文句を言うだけ。杉並区民の手をしっかり握って前に進んでいこう」と強調。陣営は「選挙に勝つためだけの野合」と野党共闘を批判したが、及ばなかった。

おすすめ情報