無所属元職の福島伸享氏、背水の陣で復活「命を懸けて行動」<茨城1区>

2021年11月1日 07時32分

紙吹雪が舞う中、支持者と当選を喜ぶ福島伸享氏(中)=水戸市見川町で

 無所属元職の福島伸享氏の水戸市見川町の選挙事務所では午後八時すぎに早々と当選確実の一報が入ると、支持者から大きな拍手と歓声が上がった。自民前職の田所嘉徳(よしのり)氏(67)との接戦が報じられていただけに、福島氏は「あまりにも早い当確で戸惑っている」と驚いた表情を見せた。
 旧民主・民進党出身だが、立民や国民には所属せず、「党より人物」を掲げて無所属を選択。比例復活のない背水の陣を敷いた。
 党派を超えて幅広く政権批判票を取り込み、大票田の水戸市では、筑西市が地盤の田所氏をリード。「有権者の反応はすごくよかった。与党も野党も含め、国民は既存の政党に不満を持っていることの表れだ」と選挙戦を振り返った。
 四年ぶりの国政復帰には「政治の刷新のため命を懸けて行動させていただく」と力強く抱負を語った。(長崎高大)
衆院選2021
衆院選2021

関連キーワード


おすすめ情報

衆院選 茨城の新着

記事一覧