<衆院選群馬>自民5議席「王国」続く 3区で立民が善戦も及ばず

2021年11月1日 07時44分
 衆院選は三十一日投開票され、群馬県内の五選挙区を自民党が独占した。衆院選で五選挙区を自民が独占したのは二〇一二年から四回連続。野党は焦点の群馬1区で共闘が実現せず、2〜5区は基本的に共闘で臨み、3区では競り合ったが、世襲の前職らによる「自民王国」の壁は突き崩せなかった。小選挙区の当日有権者数は百六十一万四千百二十四人、投票率は53・89%(前回51・97%)。(池田知之)
 群馬1区は、比例北関東から移った自民前職の中曽根康隆さん(39)が小選挙区で初当選。祖父が元首相、父が元外相という高い知名度と一部の地盤を生かし、各種業界団体や地方議員、約五十ある後援会も強力な組織戦を展開した。
 一方、野党は共闘を模索したが、実現しなかった。日本維新の会元職の宮崎岳志さん(51)、共産党新人の店橋世津子さん(60)、立憲民主党県連が支援する無所属新人の斉藤敦子さん(53)が出馬し、反自民の票が分散した。
 同2区は、自民前職の井野俊郎さん(41)が組織戦を繰り広げ、自民支持層の票を手堅くまとめて四選を果たした。立民前職の堀越啓仁さん(41)は小まめに選挙区を巡り、無党派層や若年層にもアピールしたが、及ばなかった。無所属元職の石関貴史さん(49)は支持の広がりに欠けた。
 同3区は、自民前職の笹川博義さん(55)が自民や公明の支持層を固め、四選を決めた。立民前職の長谷川嘉一さん(68)は、従来支援を受けていた連合群馬の推薦を取り消されたのも響いたのか、善戦したが敗れた。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の新人説田健二さん(50)は訴えが浸透しなかった。
 同4区は、自民前職の福田達夫さん(54)が、ともに元首相という祖父と父から引き継いだ強固な地盤や知名度で圧勝の四選となった。立民新人の角倉邦良さん(61)は野党統一候補として、無党派層の取り込みを図るも伸びなかった。
 同5区は父が元首相で自民前職の小渕優子さん(47)も盤石な強さで八選を果たした。共産新人伊藤達也さん(38)は自民への批判票取り込みに挑んだが、広がらなかった。

◆自民内紛に野党付け込めず

<解説> 自民党は地方議員や業界団体など組織力の盤石さと保守地盤に支えられ、共闘する野党候補ら全員を退けた。群馬1区では、自民前職二人による公認争いによる悔恨が残って支持者は一枚岩ではなかったにせよ、野党が分裂したために勝つには十分だった。
 1区では、前回の比例北関東で当選した中曽根康隆さんを新たに公認。中曽根さんと激しく公認争いし、前回は1区公認で当選した尾身朝子さんは比例北関東に回った。本来、党の慣例では選挙区は「現職が優先」だ。しかし、党本部は党の世論調査でより人気が高く、当選可能性の高い中曽根さんを選んだ。
 一方、自民の内紛に立憲民主党は付け込めなかった。立民県連は昨年に公募で斉藤敦子さんを候補者に選出したが、党本部は公認せず、無所属のままで県連が独自に「支援」する異例の対応になった。二〇一九年の参院選で旧立民から出馬しながらも県連との意見の相違で離党した経緯があるのが遠因とみられる。公党による公募制度の正統性が問われる事態だ。
 全国では野党統一候補と自民候補が競り合い、政策論争が活発になる選挙区があった。翻って群馬1区では野党候補が複数出馬した結果、候補を一本化すれば勝つチャンスもあったのに、結果的に自壊したともいえる。
 所得格差を是正する分配政策や選択的夫婦別姓、新型コロナウイルス対策など自民政権に批判的な有権者もいる中、当選可能性のある野党統一候補を擁立できなかった県内野党の責任は重い。
 ただ、投票率が伸び悩む中、自民は有権者から全てを委任されたわけではない。政権与党として政治への信頼感をどう取り戻してもらうかが求められる。(池田知之)
衆院選2021
衆院選2021

関連キーワード


おすすめ情報

衆院選 群馬の新着

記事一覧