自民・勝俣孝明さん、悲願の小選挙区での当選「歴史変える」<静岡6区>

2021年11月1日 07時44分

花束を手にする勝俣さん=沼津市で

 悲願の小選挙区での当選を果たした6区の自民前職勝俣孝明さん(45)は「私だけでなく、私たち古里の勝利だ」と喜びを爆発させた。
 午後十一時二十分ごろ、当選確実の知らせが入り、沼津市の事務所に勝俣さんが姿を見せると、支援者が立ち上がって大きな拍手。会場のムードは最高潮に達し、万歳三唱で祝った。
 前回選はわずか六百三十一票差で敗れて比例復活。その無念を片時も忘れずに、「逆転」を目指して四年間過ごした。選挙区内をまめに回ることを心掛け、有権者と接してきた。
 選挙戦では街頭演説を重視し、この票差にも何度も言及。これまでの実績だけでなく、「歴史を変える」と今回選にかける強い思いを訴えてきた。
 勝俣さんは「これからがスタート。粉骨砕身で地域のためにしっかり働く」と支援者に約束した。さらに「ふるさとの再生」という志を原点に、「子どもたちがこの場所で生まれ育って良かったといえる古里にしたい」と誓った。

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧