コロナ第6波は来る?来ない? 「感染拡大の国から入ってこなければ…」「日本だけ収束は考えにくい」

2021年11月3日 06時00分

会社帰りのサラリーマンなどの姿が戻り始めたJR新橋駅周辺の繁華街=2日、東京・新橋で

 東京都の1日の新型コロナ感染者数は9人。これは昨年5月31日の5人以来の1ケタだ。同日の全国の感染者数も86人で、昨年6月以来の2ケタ。東京で1日5000人超えという今夏の爆発的感染状況からすれば考えられないほど急減した。こうなってくると、このまま「第6波」は来ないのでは、と期待したくなるのがコロナ禍で疲れ切った世間の人情だが、本当に期待していいのか。(石井紀代美、中沢佳子)

◆「ぱっとにぎやかにしたいけど…」

 「知ってる。東京で9人でしょ。このまま第6波、来ないでほしいな」
 2日昼すぎ、東京・新橋で創業42年の居酒屋を営む女性(71)は、店支度をしながらそうつぶやく。ただ、感染者数の減り方が急すぎて「また、ぎゅんと上がるんじゃないか」と不安も口にする。
 焼き鳥店を切り盛りする小嶋康子さん(72)も「これから年末のかき入れ時。このまま収束して」と願う。コロナ禍で10カ月間、店を閉めた。常連客はまだ戻ってこない。「忘年会、里帰り、正月、初詣と、人の動きは活発になるでしょう。第6波は来るんだろうな」と身構える。
 昼食を済ませ、一服していた営業の男性(32)も「もう少しで忘年会シーズン。ぱっとにぎやかにしたいけど、次の波が来ると思うんで、できてもこぢんまりかな」とあきらめ顔だ。
 今年6月から始まったコロナ感染の第5波は、東京五輪・パラリンピックが行われた8月にピークを迎えた。1日あたりの感染者数は全国で2万5876人(20日)、東京では5908人(13日)にまで達した。ところが、9月に入ると急激に落ち始めた。11月1日には全国で86人、東京で9人に減っている。
 ワクチン接種は、2日現在、1回目を終えた人が77.6%。2回目も打ち終わった人は72.5%に上る。だが、第5波収束との関連性は、いまいち不透明だと指摘されてきた。

◆急減は「ウイルスの自滅」か

 そんな中、いま、国立遺伝学研究所と新潟大のチームがまとめ、10月15日に学会で発表された研究に注目が集まる。ゲノム(全遺伝情報)医科学専攻の同研究所の井ノ上逸朗同研究所教授は「私たちは、急減はコロナウイルスの『自滅』と考えている」と語る。

国立遺伝学研究所の井ノ上教授

 井ノ上氏によると、コロナウイルスは人間の体内に結合すると、自分の遺伝子情報を複製して増えていく。その際に時々、複製ミスが起き、変異する。
 間違った複製が多すぎると、ウイルス自体のバランスが崩れ、増殖できなくなるが、ウイルス内にはエラーを直す働きをする「nsp14」と呼ばれる酵素があり、その修復作用で増殖が続くという。
 だが、研究チームが全国で新型コロナ感染者のウイルス検体をゲノム解析した結果、8月下旬ごろには、ほとんどのウイルスがnsp14が変化したタイプに置き換わっていたことが分かった。「この変化で酵素の働きが落ちて修復が追いつかず、死滅していったのではないか。第5波の収束に影響していると思う」
 3密(密閉、密集、密接)回避に自粛の嵐、ワクチン副反応などに振り回された揚げ句、減ったのは「ウイルスの自滅」とは拍子抜けする話だが、第6波は来ないと考えて良いのか。
 井ノ上氏は「海外ではまだ感染拡大している国もある。そのウイルスが入ってこなければ、台湾のように日本も安全な方向へ向かうだろう。第6波を防ぐためには、しっかりとした入国管理、検疫がとても重要だ」と指摘する。
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧