黒川検事長、賭けマージャン問題 安倍内閣の責任重く

2020年5月21日 16時00分
 黒川弘務・東京高検検事長による緊急事態宣言下の賭けマージャン問題が、検察への国民の信頼を揺るがすことは確実だ。従来なら検察幹部のスキャンダルにとどまるが、今回は安倍内閣の責任が重い。脱法的な手法で、黒川氏の定年を延長したからだ。
 検察官は起訴権を独占する強い権限を持つ。当然、高い順法意識が要求される。検察当局の最高幹部の一人が違法と疑われる行為をしていたのでは、国民は捜査や裁判の公平性を信じられなくなる。法務省に厳正な調査と処分が求められるのは言うまでもない。
 政府は黒川氏の定年延長に関し、国家公務員法の解釈を変えて一般公務員の定年延長制を検察官に適用したと主張するが、前例のない人事に法曹界からは「違法」批判が続く。政府は定年延長の要件となる「余人をもって代えがたい」理由も説明できていない。好ましい人物の定年を恣意(しい)的に延ばしたとみられてもやむを得ない状況だ。
 法律上は検事総長や検事長の任命権は内閣にある。しかし、歴代内閣は検察の独立、公平性を重視する観点から法務・検察当局の人事案を尊重してきた。安倍政権が慣例を破って人事に介入した結果として検察への信頼が損なわれれば、その責めも負うことになる。(後藤孝好)

関連キーワード


おすすめ情報