<FUJI'S>風

2021年11月5日 08時14分
 前市長の辞職に伴い、十月上旬にあった御殿場市長選。最終盤になっても、二人の得票数はいまだ同数。後継指名を受けた前副市長の陣営は、見るからに焦っていた。
 前市長の批判に軸足を置く相手に対し、政策面の訴えは、前副市長が一枚も二枚も上手だった。僅差での勝利に追い込まれた主因は、参院補選に出るため、コロナ下で四期目早々に辞職を決めた前市長への批判票だった。
 数日後に参院補選が告示され、前市長は自民公認で出馬。自民への追い風で序盤は優勢が伝えられたが、終盤にまくられた。知事の存在や政局だけでなく、無責任な辞職も影響したと信じたい。
 過去の問題がうやむやになり、気付けば逆風が収まっていることが多々ある。前市長は来夏の参院選にも意欲を示しているが、そのころにはどんな風が吹くだろうか。(富士通信部・佐野周平)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧