税金の無駄遣い2108億円、会計検査院が報告 「アベノマスク」などのずさんさ指摘

2021年11月5日 12時22分
アベノマスクを着用する安倍晋三元首相

アベノマスクを着用する安倍晋三元首相

 会計検査院は5日、官庁や政府出資法人を調べた2020年度決算検査報告を岸田文雄首相に提出した。税金の無駄遣いを指摘し、改善を求めたのは210件、総額2108億7231万円。新型コロナウイルス対策費を検証し、国が調達した布製マスクの大量保管や持続化給付金事業の再委託など、ずさんな契約や管理の実態が判明した。
 検査院は不適切な契約状況に懸念を示したが、緊急性を考慮して無駄遣いがあったとの指摘は見送り、報告で「適切な実施に努め、国民に広く情報提供をしてほしい」と述べた。
 新型コロナ禍で緊急事態宣言地域の検査ができず、指摘件数は比較可能な1994年度以降で最少。法令違反や不適切な予算執行に当たる「不当事項」は157件、66億3301万円だった。
 コロナ関連は19~20年度の770事業を主に分析。予算額65兆4165億円のうち支出されたのは65・0%に当たる42兆5602億円で、21年度への繰越額は21兆7796億円、使途がない状態になっている不用額は1兆763億円だった。
 「アベノマスク」と呼ばれた全世帯向けなど、布製マスクは今年3月時点で約8272万枚(約115億1千万円相当)が倉庫で保管され、保管費は昨年8月~今年3月で約6億円に上った。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報