芸能界のセクハラ訴えたら…演出家が名誉棄損で提訴 少女へのわいせつ行為で実刑、舞台復帰の反対運動で

2021年11月5日 23時17分
記者会見する「演劇・映画・芸能界のセクハラ・パワハラをなくす会」代表の知乃さん(左)ら=東京・赤坂で

記者会見する「演劇・映画・芸能界のセクハラ・パワハラをなくす会」代表の知乃さん(左)ら=東京・赤坂で

 「演劇・映画・芸能界のセクハラ・パワハラをなくす会」代表の俳優知乃さんらが5日、東京都内で記者会見し、セクハラ被害防止の活動を巡り、名誉毀損きそんを理由に慰謝料500万円などを求めて提訴されたと明らかにした。同会は「内容や金額に照らしても、ハラスメントをなくそうとする活動への不当な攻撃だ」と主張している。
 同会は、講師を務めたワークショップの受講者の少女にわいせつな行為をしたとして、2013年に児童福祉法違反容疑で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けた男性演出家が出所後の18年、再び舞台の演出や主演に起用されると知り、短文投稿サイト「ツイッター」への書き込みや署名集めを通じて、反対運動を展開した。
 公演は中止になったが、キャスティングを餌にわいせつ行為をしたというツイッターの投稿などは事実誤認だとして、演出家は今年9月、知乃さんらを相手取り、投稿の削除や慰謝料を求めて提訴した。
 知乃さんは会見で「署名運動などは、悪意や個人攻撃ではなく、業界全体を良くしたいとの思いから。贖罪しょくざいを考えたら同じ場所に戻ってこられるのか。考え直してほしい」と話した。
 同席した馬奈木厳太郎弁護士は「萎縮効果を狙ったスラップ訴訟だ」と話した。
 演出家はメールで「現時点では特に申し上げることはない」とコメントした。(望月衣塑子)

おすすめ情報