名古屋入管で死亡したウィシュマさんの遺族、殺人容疑で当時の幹部ら数人を刑事告訴へ

2021年11月8日 12時11分
ウィシュマ・サンダマリさん=遺族提供

ウィシュマ・サンダマリさん=遺族提供

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設で3月、収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が死亡した問題で、遺族の妹2人が殺人容疑で同管理局の当時の局長など幹部ら数人を刑事告訴することが8日、関係者への取材で分かった。9日にも告訴状を名古屋地検に提出する。
 代理人弁護士によると、地検はウィシュマさんの死亡後、経緯の捜査を始めている。遺族らは、入管側がウィシュマさんに適切な医療を提供せず、「死んでも構わない」との未必の故意があったと主張しており、刑事告訴には、地検の捜査を促す狙いがあるとみられる。
 ウィシュマさんは1月中旬以降、嘔吐おうとなどの症状を訴え、3月6日に死亡。出入国在留管理庁は8月に公表した調査報告書で、職員の危機意識が乏しく、医療体制や情報共有の仕組みに問題があったと指摘した。
 入管庁は報告書公表後、2週間分保存していた映像を約2時間分に編集し、来日した遺族に開示。弁護団は国家賠償を求め訴訟を起こす方針も明らかにしている。 (共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧