<#ウォッチ 検察庁法改正案>定年延長 野党「コロナ悪用」 週内採決 自民が方針

2020年5月12日 02時00分
 自民党の森山裕国対委員長は十一日、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案について、国会内で記者団に「今週中に参院へ送付したい」と話し、近く衆院で採決する方針を表明した。衆参両院予算委員会では野党側が政権の意向で検察官の人事を行うための法案だと批判したが、安倍晋三首相は「恣意(しい)的な人事が行われるという懸念は全く当たらない」と繰り返した。 (井上峻輔)
 立憲民主党の枝野幸男代表は「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグ(検索目印)を付けたツイートが一日ほどで約五百万件に上ったと指摘。「(新型コロナウイルス)感染症の危機を乗り越えることよりも、世論に背を向けて自分に都合のいい法律を作ることを優先している。危機を政治的に悪用している火事場泥棒だ」と批判した。
 国民民主党の後藤祐一氏は、一月に現行法の解釈変更で定年が延長された黒川弘務東京高検検事長の名前を挙げて「森友・加計学園や桜を見る会に続く問題が出てくるかもしれない。黒川氏のように自分を守ってくれる守護神が必要だからこの法案を出したのでは」と追及した。
 首相は「高齢期の職員の豊富な知識、経験などを最大限活用するという国家公務員法改正案の趣旨や目的と同じだ」と意義を強調。国民からの批判には「さまざまな反応もあると思うが説明していくことが重要だ」と述べるにとどめた。
 立民の安住淳国対委員長は、森山氏と国会内で面会し、政府が国家公務員法改正案などと一体で提出している検察庁法改正案を切り離し審議するよう求めたが、自民は応じない方針。安住氏は記者団に「与党が修正に応じないなら法案の採決に応じない」と語った。

◆ネットデモ拡大 法相不在で審議

 検察官の定年に関する検察庁法改正案に、抗議や反対の声が会員制交流サイト(SNS)のツイッター上で500万件近くに上っています。法案は、どんな問題があるのでしょうか。 (坂田奈央)
 Q 法案の中身は。
 A 検察官の定年を六十三歳から六十五歳に段階的に引き上げます。六十三歳になると、検事長など幹部ポストを退かなければならない役職定年制を導入する一方、定年や役職定年を迎えても内閣や法相が必要と認めれば、最長で三年間、そのポストにとどまれるようになります。
 Q どんな懸念があるの。
 A 弁護士らの団体は、政権に都合の良い人を検事総長にする意図があるなどと批判しています。政府が検察幹部の定年に介入できることを踏まえ、政治的中立性や独立性が脅かされるとの指摘もあります。
 Q 審議の状況は。
 A 立憲民主党などは検察を所管する森雅子法相への質疑を求めましたが、政府・与党は、国家公務員の定年を段階的に延長する国家公務員法改正案と一括とし、衆院内閣委員会で審議入りさせました。このため、審議に森氏が出席していません。
 Q コロナ対応に専念すべきでは。
 A ネット上の声は、怒りの表れと言えます。演出家の宮本亜門さんはツイッターで「コロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。民主主義とはかけ離れた法案を強引に決めることは、日本にとって悲劇」と訴えています。街頭での抗議活動ができない今、ネット上のデモとして広がりそうです。
 Q 検察官定年は以前から話題だった。
 A 政府が一月、現行法の解釈を変更し、定年目前だった黒川弘務東京高検検事長の定年延長を閣議決定した経緯が不透明だと追及されています。一九八一年の政府答弁では、国家公務員法の定年延長制は検察官には適用されないとしていましたが、法解釈を変更したのです。

関連キーワード

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧