<新型コロナ>持続化給付金 支給開始 中小支援 初日まず280億円分

2020年5月8日 16時00分
 政府が新型コロナウイルスの影響で収入が半減した中堅・中小企業に、最大二百万円を手当てする「持続化給付金」の支給が八日、始まった。梶山弘志経済産業相は閣議後の記者会見で、個人事業主への最大百万円の給付金も含めて同日中に約二万三千件、約二百八十億円を支給する見通しを表明。事業や業務を断念する企業が増えないよう当面の資金繰りを支える。
 経産省は一日から申請を受け付けており、申請件数は七日時点で約五十万件に上っているという。梶山氏は「苦しい経営状況に直面している事業者の皆さまに一日でも早い振り込みができるよう全力を尽くしたい」と述べ、申請から二週間程度での支給を目指す考えを強調した。
 給付金は、今年一月以降のいずれかの月の収入が前年同月から半分以上減ったケースが対象で、フリーランスの個人事業主も含む。
 今年創業した企業は対象外となる。経産省は主に小規模事業者を対象にした補助金「持続化補助金」の活用を呼び掛けている。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧