<テークアウト グルメ>発酵蔵かもし堂(かもし堂弁当<梅>)

2021年11月9日 07時15分

◆発酵の力 おいしく健康

 「毎日のお食事から健康をサポートしたい」がコンセプト。昨年9月にオープンした「発酵蔵かもし堂」=写真=は、発酵食品を使った食材をメインとした弁当を販売している。親会社は20年以上、訪問看護や高齢者ケアに携わってきたトータルライフケア(世田谷区)で、同社は山梨県に無農薬栽培の自社農園を持ち、食から健康にアプローチしたい思いが以前からあったという。
 写真(下)は、メインと副菜6種(総菜5種と香の物)を詰めた「かもし堂弁当<梅>」864円。メインは「鮭(さけ)の塩糀(こうじ)漬け」のほか「さわらの塩糀漬け」「サバの塩糀漬け」「豚の味噌(みそ)糀漬け」「塩糀唐揚げ」「鶏肉の塩糀焼き」の全6種から選べる。副菜は日替わり。取材日は、五目煮豆、厚焼き卵、かぼちゃのクリームチーズサラダ、人参(にんじん)のラペ、磯辺揚げだった。
 魚も肉も、糀のおかげでやわらかくなり、うま味が増す。存在感たっぷりの分厚い鮭も、ふっくらしっとりとした焼き上がりだ。
 自家製の塩糀には甘酒も入れた。塩味と甘味があるので、料理に塩と砂糖はほぼ使わない。また甘酒も、弁当のご飯が余った際に造ったもの。食品ロスを出さず、好循環を生んでいる。
 お湯を注げば味噌汁になる味噌玉(86円)もオススメ。自社農園で栽培した希少品種の「あけぼの大豆」から造った自家製味噌に海藻を加えたもの。飲めば発酵の力がじんわり体に染み入ってくる。 (さりあ)
 大田区上池台1の15の8 宮地ビル1階。10時半〜14時、15時〜19時半。土日休。(電)03・6451・7546

関連キーワード


おすすめ情報

地域グルメの新着

記事一覧