<水族館情報>光と音楽に合わせ イワシの群れ乱舞

2021年11月10日 07時36分

◆茨城

★アクアワールド茨城県大洗水族館(大洗町磯浜町、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅からバス約7分)約80種2万匹の魚たちが遊泳する「出会いの海ゾーン」や、イルカやペンギンなどかわいらしい生き物がいる「オーシャンゾーン」など9つのエリアからなる水族館。来春開館20周年を迎え、記念事業がめじろ押し。関東最大級となる1万匹のクラゲが漂う「くらげ365」や、ホホジロザメ・ジンベエザメの遊ぐ姿をVRで楽しむ水槽「SHARKLIUM」。1万5000匹のイワシが光とBGMに合わせて群れ動く「IWASHI LIFE」=写真=を1日3回開催する(10時〜、12時〜、14時〜)。
 今年6月に誕生した絶滅危惧種のサメ「シロワニ」の赤ちゃんは「世界の海ゾーン」水槽にデビューした。入館料2000円。(電)029・267・5151

◆神奈川

★新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸、小田急線片瀬江ノ島駅徒歩約3分)「えのすいクリスマス」をテーマに12月25日までさまざまなイベントを開催。海中で光る生きものを集めた「テーマ水槽〜キラキラ輝く光のクリスマス〜」、デンキウナギの発電を利用してイルミネーションに点灯する「デンキウナギのecoツリー点灯」など開催中。LEDライトで光る海の生き物たちに囲まれた高さ約6メートルの「えのすいアクア・ツリー」も入場口に設けられている。入場料2500円。(電)0466・29・9960

◆東京

チンアナゴ

★すみだ水族館(墨田区押上、東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅徒歩すぐ)同館の申請を受けて日本記念日協会が制定した11月11日の「チンアナゴの日」にちなんだイベントを11日限定で行う。約300匹のチンアナゴの特徴を見分けてあだ名をつける「チンアナゴあだ名チャレンジ」や、夜の水族館からチンアナゴの映像をライブ配信するオンライン企画など。また、ビンに入ったミズクラゲをペンライトで照らして観察する「ふわふわクラゲ」、夜だからこそ見られるペンギンの行動を双眼鏡で観察する「ペンギンワッチ」など、18歳以上限定ワークショップも。公式サイトから要事前予約。入館料2300円。(電)03・5619・1821

◆千葉

★鴨川シーワールド(鴨川市東町、JR安房鴨川駅無料送迎バス約10分)800種1万1000点の海の生きものを展示。愛くるしいベルーガとの記念写真の撮影や、イルカにサインを出してトレーナー気分が味わえる体験なども(別途料金、定員あり)。入館料3000円。(電)04・7093・4803
 お出かけの際は、感染対策に十分気をつけてください。紹介したイベントは中止や変更の場合があります。

関連キーワード


おすすめ情報