<新型コロナ>抗体キット 評価開始 政府・日赤

2020年4月24日 16時00分
 加藤勝信厚生労働相は二十四日の閣議後記者会見で、感染後に体内にできる「抗体」の有無を調べる簡易検査キットの性能を評価する研究を日本赤十字社と協力して始めた、と明らかにした。性能を見極めて感染の実態を把握する疫学調査につなげる。
 献血血液の残りを提供者の同意を得た上で活用する。診断を目的としていないため、結果は本人には伝えない。
 抗体検査は、現在主に使われているPCR検査より簡単で、短時間で結果が出る。ただし感染直後だと抗体の検出が難しいため、診断目的ではなく、過去の感染歴を調べて地域での感染の広がりを把握する使い方が想定されている。
 研究では海外で承認されている複数のキットで、信頼できる精度で抗体を検出できるかどうかを調べる。

関連キーワード

PR情報