小室眞子さん夫妻、米国へ出発 小室圭さん、NY州の弁護士試験再挑戦へ

2021年11月14日 10時43分
米国に出発する秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(右)と夫の小室圭さん=14日午前10時9分、羽田空港で(共同)

米国に出発する秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(右)と夫の小室圭さん=14日午前10時9分、羽田空港で(共同)

  秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)は14日、夫の小室圭さん(30)と羽田空港から民間機で米国へ出発した。夫婦でニューヨークを拠点に新生活を始める。結婚で皇室を離れた元皇族が海外に居住するのは異例。同日夜(米東部時間14日午前)にニューヨークに到着する予定。
 2人は10月26日の結婚後、東京都渋谷区のマンションに滞在し、準備を進めていた。眞子さんは結婚時の記者会見で、海外に拠点を置くことは自身の希望だったとし「心穏やかに過ごすことのできる環境で、あたたかい家庭を築いていきたい」としていた。
 結婚には、小室家の金銭トラブルを巡る批判があり、眞子さんは複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。将来への不安に「誹謗中傷がこれからも続くこと」を挙げた。
 関係者によると、2人は既に現地に新居を確保した。小室さんはマンハッタンの法律事務所に事務員として勤務しているが、ニューヨーク州の弁護士試験は不合格となった。来年2月に再挑戦するという。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報