枕木オーナーしませんか 上毛電鉄を支援 1口1万円、プレート設置

2021年11月16日 07時44分

枕木に設置されるオーナープレートの見本

 上毛電気鉄道(前橋市)は、鉄道のレールを支える枕木のオーナー募集を始めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者が減少し、厳しい経営状況が続く中、広く支援を募る。オーナーの名前などを記したプレートを設置し、プレートを付けた枕木の写真とオーナーの証明書を贈る。(石井宏昌)
 上毛電鉄は前橋市の中央前橋駅と桐生市の西桐生駅を結び、二〇一九年度は約百五十一万人が利用したが、コロナ禍で二〇年度は三十二万人ほど減った。このため各地の中小民鉄で広がっている枕木オーナーの募集に踏み切った。

見本のオーナープレートが枕木に設置された線路=いずれも前橋市の上毛電鉄大胡電車庫で(同社提供)

 一口一万円で今月から募り、来年十月末まで受け付ける。オーナーになると前橋市の大胡電車庫内にある線路の枕木に名前と応援メッセージを記した合成樹脂製プレート(縦十五センチ、横二十センチ)を設置できる。一人何口でも可能。設置期間は二年。終了後はプレートをオーナーに返却する。
 上毛電鉄の担当者は「住民の生活を支える鉄道として存続していくため多くの人に協力してもらいたい。地域の大切な鉄道として愛着を深めてもらうきっかけになれば」と話した。
 オーナー申し込みは上毛電鉄ウェブ(https://www.jomorailway.com/)へ。電話やファクスでの申し込みや問い合わせは同社総務部=電027(231)3597=へ。

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧