<食べて応援!>「海苔チキンカレー」が一番人気 昼飯屋 SPICE CURRY

2021年11月18日 07時24分

「海苔チキンカレー」を紹介する高瀬晋一さん(右)と明子さん=大田区で

 店名の通り、ランチ営業のカレー店。高瀬晋一さん(41)、妻の明子さん(35)の夫婦経営の店だ。
 二〇二〇年二月のオープン直後、コロナ禍が襲った。高瀬さんは「店を開いてから、ずっとこの状態。地域密着で地元のお客さんに支えられ、踏ん張ってきた」と振り返る。
 約二十年の和食料理人の経験を生かし、コンブやサバ、イワシなどのだしを効かせたカレーが売りだ。「辛みよりも、うま味を大事にしている」
 一番人気は地元・大森の名産品を使った「海苔(のり)チキンカレー」。海苔問屋の売り上げアップにもつながるご当地メニューになれば、との思いから考案した。自家製の海苔のつくだ煮をたっぷり入れ、まろやかな味に仕上げている。
 高瀬さんは「保存料などの添加物を使わず、安心安全な食べ物の提供にもこだわっています」と話す。(宮本隆康)
 大田区大森西5の10の10。電070(3270)2024。最寄りは京急線大森町駅。原則月曜定休。午前11時〜午後2時(なくなり次第終了)。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧