トランスジェンダーの人権訴え 都内で初「追悼の日」行進

2021年11月21日 07時00分

トランスジェンダーの人権などを訴えて歩く参加者たち=新宿区で

 トランスジェンダーの尊厳と権利を考える「トランスジェンダー追悼の日」の二十日、新宿区内の道路を当事者ら約四百人(主催者発表)が、水色、ピンク、白の三色を使った旗やプラカードを掲げるなどして歩き、自らの存在や人権をアピールした。各国で行われている「トランスマーチ」で、東京では初開催。(奥野斐)
 トランスジェンダーは、出生時の性別とは異なる性を自認する人のことをいう。
 追悼の日は一九九八年十一月、米国で当事者が殺害された事件にちなみ、各国で追悼や尊厳を考える催しなどを行う日として定着してきた。
 主催者によると、昨年十月から今年九月までで世界で少なくとも三百七十五人のトランスジェンダーが殺害されたという。
 国内では昨今、会員制交流サイト(SNS)などで差別的な言動が広がり、排除されたり、身の危険を感じたりしている人もいる。
 二十日、参加者は新宿中央公園を出発し、新宿公園までの約一・七キロを行進。実行委員会の浅沼智也共同代表(32)は「トランスジェンダーとして生きることは、日本においてもまだまだ理解されず、日常的に困りごとや問題がある。これを機に知ってほしい」と話した。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧