中3男子が校内で刺され死亡 同学年の男子生徒を現行犯逮捕、殺人容疑に切り替え捜査 愛知・弥富

2021年11月24日 21時35分
男子生徒が校内で同級生の男子に刃物で刺される事件があった愛知県弥富市の市立十四山中

男子生徒が校内で同級生の男子に刃物で刺される事件があった愛知県弥富市の市立十四山中

  • 男子生徒が校内で同級生の男子に刃物で刺される事件があった愛知県弥富市の市立十四山中
 24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地1の市立十四山中から「生徒同士のトラブルがあった」と110番があった。3年の伊藤柚輝さん(14)が包丁で腹付近を刺され、搬送先の病院で死亡した。県警は殺人未遂の疑いで同学年の男子生徒(14)を現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べる。
 2人は同じ小学校の出身で、中2の時も同じクラスだった。現在は別のクラスに在籍し、部活動も異なる。市教委は2人の間のトラブルを「把握していない」と説明。記者会見した奥山巧教育長は、原因を究明するため第三者委員会を設置すると表明した。
 逮捕容疑は24日午前8時ごろ、殺意を持って伊藤さんの腹付近を包丁で刺した疑い。「私がやったことで間違いない」と容疑を認めているという。死因は出血性ショックで、傷は肝臓を貫通。捜査関係者によると、伊藤さんは男子生徒に教室から廊下へ呼び出された直後に襲われたとみられる。
 県警によると、伊藤さんは校舎2階の教室に近い廊下で刺された後、出血しながら自力で教室に戻り、床にあおむけで倒れた。始業前で、生徒の悲鳴を聞いた教員が駆け付けて男子生徒を制止した。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧