日ベトナム、南シナ海に深刻懸念 首脳会談、法の支配へ連携

2021年11月24日 21時42分 (共同通信)
 ベトナムのファム・ミン・チン首相(左)を出迎える岸田首相=24日午後、首相官邸

 ベトナムのファム・ミン・チン首相(左)を出迎える岸田首相=24日午後、首相官邸

 岸田文雄首相は24日、ベトナムのファム・ミン・チン首相と官邸で会談した。中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢で「深刻な懸念」を表明し、航行の自由や紛争の平和的解決の重要性を確認。現状変更など一方的な行動を取らないように、関係国に求めることを強調した。「自由で開かれたインド太平洋」実現のため、法の支配に基づく秩序維持への連携を申し合わせた。艦艇など防衛装備品のベトナムへの輸出を視野に協議を加速させることで一致した。
 両政府は首脳会談後、共同声明を発表した。岸田首相は会談後の共同記者発表で、同国に新型コロナワクチンを「新たに154万回分供与する」と表明した。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧