<食べて応援!>「低糖質ランチ」に挑戦 葛飾・新小岩の居酒屋「よし」

2021年11月25日 07時43分

低糖質な「黒毛和牛すき焼き御膳」を提供している「魚肴酒場よし」の店主吉本義太郎さん=東京都葛飾区で

 JR総武線新小岩駅近くの居酒屋「よし」(東京都葛飾区)は、糖尿病などで食事の糖質制限が必要な人が楽しめる「低糖質ランチ」を新たに始めた。糖質ゼロの甘味料や、糖質の少ない食材を選んで「黒毛和牛すき焼き御膳」など2種類を用意。調味料も手作りして、糖質量を約30グラムに抑えたという。
 きっかけは、糖尿病を患う男性客のひと言だった。「いつもメニュー選びに苦労しちゃって」。その切実さを耳にして、店主の吉本義太郎(よしたろう)さん(51)は「チャレンジしてみよう」と試行錯誤を重ねてきた。
 この店は長崎・五島列島から直接仕入れた鮮魚を看板に、今年5月に開業したばかり。ただ、新型コロナウイルス禍の真っただ中で、来店客のいない日が続いて「何度も心が折れました」と吉本さん。そのたびに、座右の銘である「継続は力なり」と自らを鼓舞したという。
 目指すのは、一つ屋根の下に集うアットホームな店づくりだ。低糖質のコース料理も検討しており、「みんな一緒に食事を楽しめる居場所でありたい」と話している。
【関連リンク】テークアウト支援サイト「つながろうプロジェクト

関連キーワード


おすすめ情報

経済の新着

記事一覧