習主席 訪日を延期 秋以降念頭に再調整

2020年3月6日 02時00分

習近平国家主席

 日中両政府は五日、四月に予定していた中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席の国賓訪日を延期すると発表した。両国で新型コロナウイルスによる肺炎(COVID(コビッド)19)対策が最優先となっているため、現状では十分な外交成果が得られないと判断した。 
 茂木敏充外相は、二月に来日した中国外交トップの楊潔〓(ようけつち)共産党政治局員との会談などを通じ「習氏の国賓訪日を十分に成果が上がるものにするには、しっかり準備を行う必要があるとの認識で一致した」と記者団に説明した。今後再調整する習氏の来日時期については「外交スケジュールや政治日程をにらみながら決定したい」と語った。東京五輪・パラリンピック後の秋以降を念頭に置いているとみられる。
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で、来日延期を受け「日中関係に特段の影響があるとは考えていない」と強調した。
 習氏の国賓としての来日は昨年六月、大阪での日中首脳会談で安倍晋三首相が習氏に要請。日中関係を新たに規定する重要文書「第五の政治文書」を作成し、来日に合わせて発表することを念頭に、政府実務者間の交渉を進めていた。
 今年に入り、新型コロナウイルスによる感染が日中両国で拡大。来日に向け二月中旬に北京で開催予定だった準備会合が延期されていた。 (上野実輝彦)
※竹かんむりに、厂(がんだれ)、下に虎

関連キーワード

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧