信号無視追跡中に事故 埼玉県警の56歳警部補死亡

2021年11月25日 18時19分
 埼玉県警は25日、赤信号無視のオートバイを追跡するため緊急走行していたパトカーが事故を起こし、後部座席に乗っていた越谷署の佐藤正人警部補(56)=千葉県野田市中野台=が死亡したと発表した。
 県警によると、19日午後11時ごろ、佐藤警部補ら同署員3人はパトカーで越谷市内をパトロール中、信号無視をしたオートバイを確認。約250メートル追跡し、同市東越谷の市道交差点を右折しようとした際、曲がり切れずに道路左側の民家のブロック塀に衝突した。
 佐藤警部補は病院に搬送されたが、小腸損傷による敗血症性ショックで24日に死亡した。助手席の男性巡査(21)は右手に軽傷。運転していた男性巡査部長(26)にけがはなかった。3人ともシートベルトをしていたという。
 県警は「緊急走行は適正だった」とした上で、死亡事故として原因を調べている。(杉原雄介)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧