地域の課題解決と活性化へ連携協定 新宿区と大塚製薬

2021年11月26日 07時15分

協定を締結した吉住健一区長(左)と池内呉郎支店長=新宿区で(区提供)

 新宿区は大塚製薬(千代田区)と地域の課題解決や活性化を目指す包括連携協定を結んだ。熱中症対策やコロナ対策で連携してきた同社との関係を強化する。
 協定では区民の健康づくりや食育推進、青少年育成、災害時の被災者支援など幅広い分野で連携する。今後、中高年の健康づくり講座や熱中症を学ぶ区職員研修などで同社社員らが講演する。区役所であった締結式で、吉住健一区長と同社ニュートラシューティカルズ事業部首都圏第一支店の池内呉郎支店長が協定書に署名。区長は「区と同社が保有する資源、ノウハウを活用した施策の推進が期待される」と話した。(中村真暁)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧