田中亜土夢が決勝ゴール 欧州カンファレンスリーグ

2021年11月26日 09時27分 (共同通信)
 マカビ・ハイファ戦で競り合うウニオン・ベルリンの原口(左)=ハイファ(共同)

 マカビ・ハイファ戦で競り合うウニオン・ベルリンの原口(左)=ハイファ(共同)

 【ロンドン共同】サッカーの欧州カンファレンスリーグは25日、1次リーグ第5戦が行われ、A組でHJKヘルシンキ(フィンランド)の田中亜土夢がアラシュケルト(アルメニア)戦で、後半3分に決勝ゴールを挙げ1―0の勝利に貢献した。
 LASK(オーストリア)の中村敬斗は1―0で勝ったマカビ・テルアビブ(イスラエル)戦にフル出場。E組でウニオン・ベルリン(ドイツ)の原口元気はマカビ・ハイファ(イスラエル)戦に先発し後半19分に交代。チームは1―0で勝利。
 D組でAZアルクマール(オランダ)の菅原由勢は1―1で引き分けたヤブロネツ(チェコ)戦に後半33分から出場した。

関連キーワード


おすすめ情報

スポーツの新着

記事一覧