新百合ケ丘総合病院音楽部 10回目の演奏会「派手に」 来月4日、ライブ配信

2021年11月28日 07時24分

ライブ配信された第9回演奏会で腕前を披露した出演者たち=川崎市麻生区の新百合ケ丘総合病院で(同院提供)

 新百合ケ丘総合病院音楽部の定期演奏会が12月4日、川崎市麻生区の同病院で行われ、オンラインで生配信される。「音楽で巡るヨーロッパ」をコンセプトに、欧州各国の作曲家にスポットを当てる。
 音楽部は医師を中心に、病院職員で結成した管弦楽団。5年ほど前から年1、2回の定期演奏会を開いており、10回目の今回は約30人が出演。ヘンデル作曲「合奏協奏曲 作品6−6」、ショパン作曲「ピアノ協奏曲第一番ホ短調 第一楽章」など6曲を演奏する。
 主催者は「10回記念で派手な選曲をした」とコメント。イギリスのヘンデル、ポーランドのショパンのほか、ドイツのリヒャルト・シュトラウス、スペインのファリャなどの曲も演奏する。
 新型コロナウイルスの影響で、昨年からライブ配信のみに切り替えている。開演は午後1時。同病院ホームページの公式YouTubeチャンネルで同時配信(無料)される。(安田栄治)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧