「脱炭素のまち」取り組み 中井徳太郎・環境省次官

2021年11月28日 07時55分
 今年3月、東日本大震災、原発事故から10年の節目を迎えました。復旧、復興に全力で取り組んでこられた関係各位に、心より敬意を表したいと思います。
 福島の復興はこれまでも、そしてこれからも環境省にとって最重要の課題です。未来志向の環境施策として、脱炭素型のまちづくりや風評対策などにも取り組んでいるところです。
 被災地に寄り添い、中間貯蔵施設の受け入れをはじめとする地元の皆さまの大変重いご決断を決して忘れず、信頼を大切にしながら、復興に向け全力で取り組んでまいります。

関連キーワード


おすすめ情報