コロナウイルス感染症対策会議を欠席 文科相、法相も公務以外で 小泉氏「反省」

2020年2月20日 02時00分
 小泉進次郎環境相は十九日の衆院予算委員会で、十六日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会議を欠席し、地元後援会の新年会に出席したことに関し「問題だという指摘は真摯(しんし)に受け止めて反省している。今後は気を引き締めて対応したい」と語った。萩生田光一文部科学相と森雅子法相も公務以外の理由で同会議を欠席したと認めた。
 対策本部は本部長の安倍晋三首相と全閣僚で構成。小泉氏ら三氏は、いずれも副大臣や政務官が代理で出席したと説明した。小泉氏は、立憲民主党の本多平直氏が国民への謝罪を求めたのに対し「危機管理のルールに基づいた対応をしている」として応じなかった。
 萩生田氏は、十六日に地元の消防団関係者の叙勲祝賀会に出席したとし「会議に支障がないと判断した。指摘は真摯に受け止め、緊張感をもって対応したい」と話した。森氏は福島県内の書道展であいさつするため欠席したと説明し「反省している」と語った。本多氏は「人の命や健康がかかっている。大臣失格だ」と批判した。国民民主党の大西健介氏も追及した。 (横山大輔)

関連キーワード

PR情報