ポインセチア出荷準備進む

2021年11月28日 22時55分
クリスマスシーズンを彩る「ポインセチア」の出荷作業が最盛期を迎えている。
 東京都国分寺市の松本園芸では、5[ほどの品種を計約13000鉢栽培。温室内では、従業員が鮮やかな赤や白、黄色のポインセチアの茎に支柱を添え、袋で保護するなど、丁寧に出荷の準備をしていた。
 松本好高社長は「今年は自然災害が少なく、夏も植物にとって過ごしやすかったので、生育状態は良い。コロナ禍で家にいる時間が長くなった影響なのか、部屋や庭に飾るため、花を買う方が増えていてうれしい」と話す。出荷は12月10日ごろまで続く。(写真と文・伊藤遼)

クリスマスが進み、出荷準備が進むポインセチア=2021年11月28日、東京都国分寺市で

関連キーワード


おすすめ情報