外国人の入国を30日から禁止 岸田首相「臨時、異例の措置」 オミクロン株拡大踏まえ水際対策強化

2021年11月29日 13時51分
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る水際対策について、記者団の質問に答える岸田首相=29日午後、首相官邸

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る水際対策について、記者団の質問に答える岸田首相=29日午後、首相官邸

 岸田文雄首相は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が欧州などで急拡大する状況を踏まえ、外国人の入国措置は30日午前0時から全世界を対象に禁止すると表明した。日本人の帰国者らを対象とした待機措置についても「9カ国に加えて14カ国・地域から帰国する場合、厳格な隔離措置を実施する」と説明。官邸で記者団に「情報がある程度明らかになるまでの臨時、異例の措置だ」とした。
 日本政府関係者によると、今回の措置により、外国人の新規入国は原則としてできなくなる。政府は今月8日から条件付きで短期のビジネス目的の新規入国者に関し、待機期間を3日間に短縮。原則認めていなかった留学生や技能実習生の入国も再開していた。
 一方、オミクロン株が確認された南アフリカを含むアフリカ計9カ国を対象に、外国人の新規入国を認めず、再入国や帰国の場合も検疫所が指定する宿泊施設で10日間の待機を求める措置を取っている。首相は「世界的な拡大の動きもある」と警戒した。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧