クリスマス クリスマス・トイズ 一年中ワクワクいっぱい

2021年11月30日 07時22分

年中クリスマスの店内。北原照久さんが持つのはブリキのサンタクロース復刻版 

 異国情緒が残る、横浜・山手地区の一画に、一年中クリスマスの店がある。春でも夏でも、一歩足を踏み入れれば一瞬にして目の前はクリスマス。大きなツリーや色鮮やかなリース、雪の結晶やそり型のオーナメント(ツリーの飾り)、笑顔のサンタクロースが描かれたお菓子類など、ところ狭しとクリスマス商品で埋め尽くされている。
 「ぼくがクリスマスが好きでワクワクするんです」と目を輝かすのは、ブリキのおもちゃコレクターの第一人者・北原照久さん。「クリスマストイズ」は北原さんの店。同じく北原さんが手がける「ブリキのおもちゃ博物館」の隣にある。米国人夫婦が住んでいたカントリー調の古い洋館を改装して1986年にオープンした。「一年中クリスマスなんて勇気がいりますが、おかげさまで35年も続けられています」。実家はスキー専門店で、毎年クリスマスソングが流れるころに繁盛した。両親がうれしそうにしていたことから、クリスマスが大好きになったそうだ。「クリスマストイズ」店内にはもちろん一年中クリスマスソングが流れている。

手前のブリキ風オーナメントが売れ筋1位。後ろが2位、右隅が3位の商品(完売の場合あり)

 売れ筋1位は「ROBOTオーナメントシリーズ」1980円。この店らしいブリキ風。サンタ、スノーマン、トナカイの3種あるが、トナカイは特注でここでしか手に入らない。2位は「スノーイングライトシリーズ(オルゴール付き)」。BOOK型(8360円)とライトハウス型(7480円)がある。いわば電動のスノードームでラメの雪が舞い続け「ジングルベル」など定番クリスマスソング8曲も流れる。3位は「シルエットドーム」1078円。キラキラとラメが舞うドーム内のライトが、天井や壁に月や星のシルエットを映し出す。
 オフシーズンにはクリスマスカードの預かりサービスもある(1月中旬〜10月中旬まで)。12月中旬に投函(とうかん)してくれるのでクリスマスに届く。ちょっとしたタイムカプセルのようだ。
 筆者は、サンタ、ブーツ、リースをかたどったカラフルなピンズを購入。北原さんの思いが伝染したかのように、ワクワク感で満たされた。 (村手久枝)
 横浜市中区山手町239。9時半〜17時(しばらくの間)。無休。(電)045・623・1696

関連キーワード


おすすめ情報