千葉県に濃厚接触者13人 オミクロン株、1例目の感染者と同乗<新型コロナ>

2021年12月1日 18時29分
熊谷俊人知事

熊谷俊人知事

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が国内で初確認された問題で、千葉県の熊谷俊人知事は1日、「オミクロン株に感染した人と飛行機に同乗していた70人のうち、県内滞在者が10人程度いる」と明らかにした。県は、濃厚接触者13人とその同居家族にも宿泊療養施設に移るよう要請している。
 濃厚接触者は、アフリカ南部のナミビアから入国し、オミクロン株への感染が確認された30代男性と同じ航空便に搭乗。いずれも空港検疫の入国時の抗原検査は陰性だった。
 県は定期的にPCR検査を実施。並行して全遺伝情報(ゲノム)解析を進め、新型株か確認している。熊谷知事は「本当に緊張感を持って特別な対応を続ける必要がある」と危機感を示した。(中谷秀樹)

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧