人間国宝の中村吉右衛門さん死去 歌舞伎やテレビ「鬼平犯科帳」などで活躍

2021年12月1日 17時12分
中村吉右衛門さん=2020年8月

中村吉右衛門さん=2020年8月

 歌舞伎界を代表する立役で、テレビ時代劇「鬼平犯科帳」でも知られた俳優で人間国宝の中村吉右衛門(なかむら・きちえもん、本名波野辰次郎=なみの・たつじろう)さんが11月28日午後6時43分、心不全のため東京都内の病院で死去した。77歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族で行う。
 八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の次男。母方の祖父の初代中村吉右衛門の養子となり、中村萬之助を経て、1966年に二代目吉右衛門を襲名。2002年日本芸術院会員、11年人間国宝、17年文化功労者。
 兄が現白鸚さん、おいが現幸四郎さん、娘婿が尾上菊之助さん。
 今年3月、東京・歌舞伎座の舞台に出演後に体調不良を訴え、病院に救急搬送。舞台復帰を目指し、療養に専念していた。(共同)

おすすめ情報