田中英寿容疑者が理事長職辞任 学長を除く理事も辞任願提出 日大、近く経緯説明へ

2021年12月1日 21時01分
理事長職を辞任した田中英寿容疑者=日本大学ホームページより

理事長職を辞任した田中英寿容疑者=日本大学ホームページより

 所得税法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された日本大学理事長の田中英寿容疑者(74)が1日、理事長職を辞任した。田中容疑者が弁護人を通じて大学側に辞任の意向を伝え、同日の臨時理事会で了承されたという。加藤直人学長以外の理事も全員、辞任願を提出した。
 関係者によると、理事長職は当面、加藤学長が兼任する。日大広報課は、近く記者会見を開き、一連の経緯を説明するとしている。
 田中容疑者は同大理事などを経て2008年、日大経営トップの理事長に就任。5期13年にわたる長期体制を築いた。11月29日の逮捕を受け、教員有志が、理事長ら理事会メンバー全員の辞任を求めるネット上の署名活動を展開するなど、体制の刷新を求める声が内外で拡大。末松信介文部科学相は30日の記者会見で、理事長の進退について大学側が検討すべきだと指摘していた。

◆背任事件、被害届も提出へ

 1日の臨時理事会では、元理事の井ノ口忠男被告(64)と医療法人前理事長の籔本雅巳被告(61)=いずれも背任罪で起訴=による付属病院などを巡る背任事件について、東京地検に大学として被害届を出すことも決まった。日大はこれまで「損害を被ったという事実関係が不明」などとして、提出を保留していた。
 特捜部は、付属病院の建て替えに伴う設計業者選定などを巡り、井ノ口、籔本両被告らから受け取ったリベート収入など計約1億2000万円を隠し、18年と20年分の所得税約5300万円を免れたとして、田中容疑者を所得税法違反容疑で逮捕した。
 田中容疑者は「金は受け取っていない」として脱税容疑を否認している。(三宅千智、奥村圭吾)

関連キーワード


おすすめ情報

主要ニュースの新着

記事一覧