渋谷の宮下公園にドラえもんのモニュメント 連載開始50周年記念

2021年12月2日 11時28分

お披露目されたモニュメント=東京都渋谷区で

 人気漫画「ドラえもん」の連載開始50周年を記念したモニュメントが東京・渋谷の宮下公園に設置され、作者である故藤子・F・不二雄さんの誕生日に当たる1日、除幕セレモニーがあった。未来の世界からやってきた猫型ロボットは、昭和の時代から街の顔として鎮座する「忠犬ハチ公」と並ぶシンボルとなるか。
 藤子・F・不二雄プロが「国際都市の中心で世界中の子どもたちに見てほしい」と渋谷区に寄贈した。「ドラえもん みらいのとびら」と題し、ブロンズ製で直径5.8メートル。3.921メートルの高さは、ドラえもんの身長129.3センチを逆さにした。7つの「ひみつ道具」、藤子さんの作品「パーマン」「キテレツ大百科」などの人気キャラクター計11体もあしらった。
 式典には長谷部健・渋谷区長が出席。「多くの人に親しんでもらいたい。大切に扱わせてもらい、根付くモニュメントになればと思う」と期待を込めた。(山下葉月)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧