準備遅れる福島第一原発の処理水海洋放出 「年内に設備計画の申請を」規制委員長が東電に要求

2021年12月2日 19時17分

処理水の海洋放出に使う立て坑の建設予定地で、東京電力の担当者から説明を受ける原子力規制委員会の更田豊志委員長(左から2人目)

 原子力規制委員会は2日、東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)を視察し、汚染水を浄化処理した水(処理水)の海洋放出に向けた設備予定地の状況を確認した。取材に応じた更田豊志ふけたとよし委員長は、東電と政府による地元への説明が難航し、準備が遅れていることについて「(2023年春の)放出開始を考えると、かなり苦しい時期に来ている。東電には年内に設備計画を(規制委に)申請するよう求めた」と明らかにした。
 規制委は5号機東側の海沿いにある港湾部などを視察。本紙は同行取材した。処理水を海水を混ぜて一時的にためる立て坑の建設地には、数台の重機が置かれ、作業員らが慌ただしく行き交っていた。十数メートル四方の穴を掘るなどの準備工事が、今月上旬から始まる。
 処理水は立て坑から海底トンネルを通じて沖合約1キロの海底へ放出する計画。トンネル建設に向けた海底調査は当初予定より2カ月以上遅れ、11月27日に始まった。港湾内には、海底の掘削(ボーリング)調査に使う台船もあった。
 海洋放出には漁業関係者を中心に反対の声が強く、政府の方針決定から7カ月以上たっても、東電は設備計画を申請できていない。更田氏は視察後、「東電の発信が信頼されていない。政府の努力も必要だ」と指摘した。(小野沢健太)

おすすめ情報

東日本大震災・福島原発事故の新着

記事一覧