<新型コロナ>「オミクロン株」感染者の濃厚接触者、群馬県内で3人確認 新たな感染は10人

2021年12月3日 08時00分
群馬県庁

群馬県庁

 群馬県は二日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染確認者の濃厚接触者として、県内の三人が確認されたと発表した。
 全員が県の宿泊療養施設に入所済みで無症状。国内二例目の感染確認者となった二十代男性と同じ飛行機に搭乗し、全員がワクチンを二回接種済みという。
 一方、県と高崎市は二日、新たに計十人が感染していると確認したと発表。県八人、高崎二人。県は保健所別では、桐生と館林が各二人、伊勢崎と太田が各一人など。県内の感染確認者は延べ一万六千九百六人。県は同日、太田市の工場で十三人の感染者集団(クラスター)が発生したとも発表した。(池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報