悲嘆を考える(No.1538)

2021年12月3日 08時17分
 高齢化で、伴侶と死別経験がある人は珍しくありませんが、核家族化や地域社会の形骸化によって遺族が悲しみを打ち明ける場は減少。さらにコロナが追い打ちをかけ、家族の最期に立ち会えないことも。今回は、悲嘆(グリーフ)を紹介します。

関連キーワード


おすすめ情報