オミクロン株の国内感染3例目を確認 欧州から入国、濃厚接触者は41人

2021年12月6日 20時03分
(NIAID提供)

(NIAID提供)

 厚生労働省は6日、新型コロナウイルス感染症の新たな変異株「オミクロン株」の3例目の国内感染を確認したと発表した。1日に入国したイタリアに滞在歴のある30代男性で、8月までにモデルナ製ワクチンを2回接種していた。欧州からの入国者のオミクロン株の感染報告は初めて。
 厚労省によると、男性はローマを出発してドイツ・フランクフルト経由で羽田空港に到着した。検疫で陽性と判明し、政府が指定する宿泊療養施設へ。ゲノム(全遺伝情報)解析でオミクロン株と判明したため、無症状だが医療機関に移された。
 厚労省は、男性と同じ便で入国した乗客41人を濃厚接触者として健康観察を行い、14日間の自宅や宿泊施設での待機を求める。41人のうち1人は検疫で陽性と判明したが、ゲノム解析の結果、オミクロン株ではなかった。
 これまでオミクロン株は、成田空港の検疫で、アフリカ南部ナミビアと南米ペルーからの入国者の感染が確認されている。後藤茂之厚労相は報道陣に「早期の検査や疫学調査をして、国内封じ込めに最大限の努力をしたい」と述べた。(原田遼、柚木まり)

おすすめ情報