桜名簿、不記載は「違法」 官房長官認める 文書管理簿

2020年1月10日 16時00分
 菅義偉官房長官は十日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿を「行政文書ファイル管理簿」に記載していなかった内閣府の対応に関し、公文書管理法違反に当たると認めた。「公文書管理法の関連規定、内閣府の文書管理規則に違反する対応だった」と述べた。
 内閣府が名簿を廃棄した際、首相と協議して同意を得るとした公文書管理法の「事前同意」の手続きを踏まなかったことも明らかにした。
 菅氏は名簿不記載の理由に関し「担当者の意識が薄かった」として、事務的な記載漏れだったと説明。同様の不記載事例が他省庁でも把握されていると言及した。
 菅氏は「二度と起こらないよう、チェック態勢も今のままで良いとは思っていない」と述べ、再発防止を徹底する考えを示した。
 不記載だったのは、二〇一三~一七年度分の桜を見る会の招待者名簿。公文書管理法は、行政文書の管理を適切に行うため、ファイルなどの分類や名称、保存期間などを管理簿に記載するよう義務付けている。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧