「ティーフォース」「エムール」に最優秀賞 多摩ブルー・グリーン賞

2021年12月7日 07時11分

最優秀賞を受賞した「ティーフォース」の代表者(左)と「エムール」の代表者=立川市で

 多摩地域の優れた技術や新たな経営手腕を評価する「第十九回多摩ブルー・グリーン賞」(多摩信用金庫主催、東京新聞立川支局など後援)の授賞式が六日、立川市内のホテルであり、受賞した十四の団体・個人をたたえた。
 技術・製品部門に贈る多摩ブルー賞の最優秀賞は食品ロス削減に役立つ「農水産物の瞬間乾燥粉砕システム」を開発した「ティーフォース」(三鷹市)、経営部門に贈る多摩グリーン賞の最優秀賞は「眠りで世界の人を元気にするEC経営力」を掲げた「エムール」(立川市)が受賞した。
 多摩地域の中小企業の活性化と経済振興を目的に開催。両部門に計二百六十一件の応募があり、大学や経済団体関係者らが選考にあたった。その他の受賞者は次の通り。
 【多摩ブルー賞】優秀賞 アイエムエス(八王子市)、ウオールナット(立川市)▽多摩みらい賞 車いす工房輪(東村山市)、中央発明研究所(瑞穂町)、日精産業(国分寺市)
 【多摩グリーン賞】優秀賞 田辺商店(立川市)、吉本製作所(青梅市)▽多摩みらい賞 小沢製作所(八王子市)、岩崎紗矢佳(立川市)、ボヌール・ナナ(同)
 【特別賞】関東経済産業局長賞 東京電子(国分寺市)▽都産業労働局長賞 吉本製作所(青梅市)
 【特別奨励賞】森田紙業(瑞穂町)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧