女性の悩み、女性が聞きます 25、26日に新宿で相談会 生活困窮者を支援

2021年12月8日 07時12分
 年末年始を前に、生活に困窮する女性を支援しようと、「女性による女性のための相談会」が25、26の両日、新宿区立大久保公園(歌舞伎町2)で開かれる。女性だけでつくる実行委員会が7日、都内で会見を開き、「気軽に相談に来て」と呼び掛けた。
 相談会は3、7月に続く3回目。過去2回にはいずれも約120人が訪れ、法律や生活、労働、DV(家庭内暴力)被害、性被害などに関する相談を受け付けた。「一人で悩んでいたので、話せてよかった」「男性には相談できないことも言いやすい」といった声が寄せられた。
 会見ではジャーナリストの竹信三恵子さんが、女性の非正規労働者がコロナ禍で大きく減少したことなどを指摘し「(労働状況が)よくなったムードが広がっているが、実際は深刻化している。女性の場合は周囲から立場が弱いと知られると、つきまといや暴力につながりかねず、炊き出しや相談にもなかなか行けない。安心できる場が極めて大切」と強調した。
 また3月の相談会に当事者として参加した米川知美さんは「相談後は肩の力が抜けてうれしくなった。助けてもらったから支援する側に、という人はたくさんおり、助け合いの輪が広まることを願う」と話した。
 相談会の受け付けは、25日が午前11時〜午後4時半、26日が午前10時〜午後4時。カフェを設置するほか、食品や生理用品、衣類なども配布する。(中村真暁)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧