先生は高校生 流山おおたかの森高生 小学校に出前授業

2021年12月8日 07時33分

児童たちに楽しく英語の授業をする高校生=流山市で

 先生は高校生−。流山市の県立流山おおたかの森高校の生徒が三日、近くの市立西初石小学校で英語の出前授業を行った。高校生は英会話の実力を試し、子どもたちは英語好きになるきっかけに役立てる。少人数、クイズ形式の授業で楽しく交流した。(牧田幸夫)
 先生役は国際コミュニケーション科で学ぶ二年生三十四人。同小体育館で五年生百二十八人と対面し、生徒一人と児童三〜四人のグループを作った。各生徒がグループを変えながら順番に回り、四十五分間の授業を行った。
 「What’s your name?(あなたの名前は?)」。自己紹介から始まった授業は、児童らが好きな食べ物や特技を英語で披露。キャラクターが描かれたカードを使ったゲームは、カードを見た人がヒントを出して、他の人がカードの内容を当てる。「I’m a robot(私はロボット)」では分からなかったが、次に「The body is blue (体は青い ) 」と言うと、一斉に「ドラえもん!」と正解が飛び出した。
 授業後、先生役の森みなみさん(17)は「難しい問題にも頑張って答えてくれてありがとう。高校生も元気をもらいました」とあいさつ。児童たちも「ゲームは難しいところもあったけど楽しかった」(西村碧夏(あおな)さん)「高校生の先生が優しくて、英語を楽しく学べた」(小谷聡さん)などと感想を述べた。
 十年ほど前から始まった同校国際コミュニケーション科の出前授業は、年三回ほど近隣の小学校を巡回。しかしコロナ禍の昨年度は一回しか開けず、今年度も今回が初開催。児童に好評で、三学期も行いたいという。

関連キーワード


おすすめ情報