<新型コロナ>国内3例目のオミクロン株、栃木県内は濃厚接触者2人 新規感染5人も確認

2021年12月8日 07時49分
栃木県庁

栃木県庁

 栃木県は七日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の国内三例目の感染者の濃厚接触者として、県内在住の二人が確認されたと発表した。県によると、二人は三例目の感染者と同じ飛行機に乗っていた。いずれも無症状で、県内の宿泊療養施設に入る。
 また県は新たに五人の感染を確認したと発表した。県内の感染確認は計一万五千四百九十七人。新規感染者の居住地別は、真岡市四人、足利市一人。同日までに真岡市内の小学校で児童七人の感染が確認され、県は県内百二十例目のクラスター(感染者集団)と判断した。(小川直人)

関連キーワード


おすすめ情報

栃木の新着

記事一覧