厚労省「健康寿命のばそうアワード」 西伊豆町が最優秀賞 高齢者の生活支援活動を評価

2021年12月8日 08時00分

川勝平太知事(左)に受賞を報告する西伊豆町の関係者=県庁で

 厚生労働省が介護予防や高齢者の生活支援で優れた取り組みを表彰する「健康寿命をのばそう!アワード」の介護予防・高齢者生活支援分野で、西伊豆町健康福祉課が最優秀賞を受賞した。
 同分野には全国から五十一件の応募があった。西伊豆町はラジオ体操をサロンと位置付け、来ていない人を気に掛けるなど見守りと支え合いの場にした。町内二十九カ所で行い、五百人が参加しているという。
 また、「離れて住む子どもや孫に会いたい」との声があったことから、地域おこし協力隊がタブレット説明会を開き、オンライン帰省も実現させた。
 川勝平太知事に受賞の報告に訪れた星野浄晋町長は「町民一体の取り組みで、町全体でもらった賞だ」と述べた。川勝知事は「心と体の健康がつくられており、日本のモデルになる」と太鼓判を押した。(塚田真裕)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧