「寅」にまつわる年賀状展 郵政博物館で開催中 漫画家描き下ろしも

2021年12月9日 06時42分

歴代のお年玉付き年賀はがきや寅年の年賀状が並ぶ=墨田区の郵政博物館で

 来年のえと「寅(とら)」にまつわる年賀状や絵手紙を集めた「年賀状展−運気をトラえる!」が、東京スカイツリータウン内の郵政博物館(墨田区押上一)で開かれている。
 ちばてつやさん、植田まさしさんら漫画家約三十人の描き下ろし年賀状や、切手のデザインに使われた虎の郷土玩具を展示。日本絵手紙協会が作品募集した絵手紙年賀状コーナーには、三歳から九十歳以上の愛好家が虎や縁起物を描いた約千点が並ぶ。学芸員は「年賀状のアイデアの参考になれば」と話した。
 館が所蔵する歴代お年玉付き年賀はがきと賞品の展示もある。ジューキミシン(一九五三年、特賞)、8ミリカメラ(六九年、一等)など、それぞれの時代の人気商品が分かる。
 一月十六日まで。午前十時半から午後四時半。月曜(祝日の場合は火曜)、二十七日〜一月二日休館。入館料大人三百円、小中高生百五十円。問い合わせは同館=電03(6240)4311=へ。(長竹祐子)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧