世耕氏発言報道、テレ朝がおわび 「誤解招く表現」

2019年12月12日 16時00分
 テレビ朝日は十一日夜の番組「報道ステーション」で、十日に放送した「桜を見る会」のニュースの中で自民党の世耕弘成参院幹事長の発言を取り上げた際、「誤解を招く表現」があったとして謝罪した。
 十日の番組では「与党内は早くも年越しムード」というナレーションを入れた後、記者会見後の雑談で「(年内の定例会見は)いつまでやるのか」と聞かれた世耕氏が「もう良いお年をというか…」と話す場面を放送。
 世耕氏は自身のツイッターで「今日の会見が今年最後になるかもしれないという意味で『良いお年を』と言っただけなのに、それを桜を見る会と絡めて、問題を年越しさせようとしているかのように編集している。印象操作とはこのことだ」などと批判していた。
 富川悠太キャスターは十一日の放送で「桜を見る会とは直接関係のない発言で、放送ではその説明が丁寧ではありませんでした」などと述べ、世耕氏と視聴者に謝った。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧