「首相が改憲やる覚悟を」 麻生氏、4選にも言及

2019年12月10日 16時00分
 麻生太郎副総理兼財務相は十日の閣議後の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が意欲を示す改憲について「自分でやるという覚悟を決めてやるべきだ」と述べた。残り任期が長くないことを挙げて、自民党総裁四選を目指す必要性についても言及した。
 麻生氏は「(任期中に)できるならいいが、できるあてがないなら、少なくともその対策を考えなきゃいかん」と話した。岸信介元首相が池田勇人元首相に改憲を託したものの実現しなかったとして「安倍首相が次の人は憲法改正をやれると思ったら、岸さんの二の舞いになる」と述べた。
 自民党の二階俊博幹事長も十日の会見で、首相が総裁任期中に改憲できない場合、総裁連続四選を目指す理由になり得るとの認識を示した。「任期中に改憲を成し遂げる努力をするのは当然だが、かなわない場合は政治情勢をにらんで対応するのが大事だ」と語った。
 首相は九日の会見で改憲に関し「必ずや私の手で成し遂げていきたい」と表明した。二階氏はこれを受けて「活発な憲法論議を展開したい」と改めて意欲を示した。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧