野党、会期延長申し入れ 内閣不信任案提出を協議

2019年12月9日 16時00分
 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党四党などは臨時国会会期末を迎えた九日午前、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題を引き続き追及するため、会期を四十日間延長するよう大島理森衆院議長に申し入れた。与党は応じない方針で今国会は閉幕する。
 野党四党などは同日午後、幹事長らが国会内で会談し、内閣不信任決議案の提出について協議したが、結論は出なかった。
 会期延長は、衆院議院運営委員会で否決される見通し。立民の安住淳国対委員長は申し入れ後、記者団に「このまま国会を閉じることは、国会の行政監視機能を放棄することになり、容認できない」と強調した。
 内閣不信任決議案を巡り、野党内には安倍政権との対決姿勢を鮮明にするためにも提出が必要だとする声がある一方、否決されれば桜を見る会の追及機運がしぼむとして、慎重な意見もある。 (清水俊介)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧